なかきれい酵素は日本の発酵技術が生み出した酵素サプリメント

なかきれい酵素は日本の発酵技術が生み出した酵素サプリメント


なかきれい酵素に採用されている麹菌酵素。

この麹菌を発酵させる技術は新しいものではありません。実は日本では古来から行われている技法です。

例えば、お酒やみそ、しょうゆなどは麹酵母(簡単に言うとたくさんの酵素が入っているもの)をつかって発酵させた食品です。

パンやお酒などは古代から存在しますので、人間の歴史とは深いかかわりあいがあります。

ただ、「酵素」という概念自体は1800年代後半に初めて発見されました。概念としては、まだまだ新しく、分かっていないことがたくさんあるということですね。

酵素って何に使われているの?

自然由来で人間が古来から接してきた酵素の働きと言えば、先ほども書いたように、お酒や調味料、パンなどを作る際に使われる酵母菌。

酵母とは、成分を分解を促進し、その過程で、味・香り・アルコールなどを生み出してくれます。

ワインはぶどうから作られていますが、醸造の過程でお砂糖を多めに入れるとアルコール度数が高くなるというのはご存知ですか?これは、糖分がワイン酵母によって積極的に分解された結果、副産物としてアルコールがどんどん生み出されるからなんです。

そう、酵素はこうして糖分や脂質、油を分解してくれるのです。

その働きを利用して、例えば、洗剤や食品にも酵素が使われています。

「酵素の力で落とす」洗剤などというCMを見たことありませんか?

また酵素は、食物を分解することからお肉を柔らかくしたり、たんぱく質を分解してうまみのもとを引き出すことから、食品にも広く使われています。

どうして日本の酵素発酵技術が注目されているの?

健康や美容に注目されてきた酵素。世界中で肥満や肥満のために健康を害する人が増えていることなどからも、ダイエット大国アメリカなどでその研究がされてきています。

酵素は食物を効率的に消化吸収するためには非常に効果ていな成分ではありますが、地球上に多数ある酵素のどれでもいいというわけではありません。

例えば、多くの食物に含まれる食物酵素は、そのもの自身の消化には効果的ですが、他の食物の分解はしません。つまり、脂肪を気にするあまりにフルーツ酵素をとってもあまり効果がないのです。

肥満を気にする方がもっとも気を付けたい脂肪・糖質・たんぱく質をすべていっぺんに消化してくれる酵素はないのか?

実はひとつだけそれが分かっています。なかきれい酵素に採用されている麹菌酵素なのです。

 

なかきれい酵素の効果

また、一般的に酵素は熱に弱く、加熱すると壊れてしまいます。

そのため、低温で熟成されて生成される生酵素が最も有効になります。なかきれい酵素は48℃の低温製造なので、しっかり生のまま腸まで届き、しっかり分解消化に効果を得ることができるのです。

そもそも麹菌はアジア特有のものである

麹菌は、穀物にコウジカビなどの発酵に必要なカビを付着させて培養したものです。酵母やカビは、実はその風土によってつくられるものなので、世界中同じものが作られるわけではありません。

例えば、お酒を生み出す酒酵母は、酒蔵ごとに異なると言います。そのため、決して酒蔵を新築したりはしません。酒蔵に酒酵母が住んでいるからなんです。

同じように、麹菌も世界中で培養されているわけではなく、アジア圏に特化した酵素なのです。

日本の発酵技術は優れている

日本では古来より麹菌を使った発酵商品が作られてきました。

また、日本の清酒醸造やみそ醸造といった技術は繊細で非常に優れているという評価があります。

日本酒が世界で評価されているのも、その様な理由から高品質の製品が生み出されているからなんですね。

なかきれい酵素は、こうして日本独自の高い技術を利用して、麹菌酵素をサプリメントとして製造しているのです。